インターネットをする上で速度は重要ですよね。インターネットの速度が遅いとダウンロードするのに時間がかかってしまうし動画を見るのによく画面が固まってしまうなど、インターネットを十分に楽しむ事が出来ないからです。ではインターネットの速度とは何が基準になっているのでしょうか?まずADSL回線の場合はあなたがどこに住んでいるのかで通信の速度が異なります。同じプロバイダーで同じサービスを受けているのに通信速度が速い人がいれば通信速度が遅い人もいるのです。

これって何で?と思うかもしれませんがその違いはNTT基地局から近ければ通信速度は速くなりますが、遠ければ遅くなってしまいます。ネットでも郵便番号や電話番号で基地局から近いのか遠いのかチェック出来るので遠い場合はADSL回線だとインターネットを使う上で不都合が生じるかもしれませんね。光回線の場合はどこに住んでいても安定した速度を確保出来ますしADSL回線と比較しても圧倒的に速い最大100Mbpsの速度を維持する事が可能です。

あとはせっかく速い光回線を選んだのにプロバイダーの通信速度が遅いものを選んでしまったら意味がありません。プロバイダーによっても通信速度が変わる事を理解しておきましょう。もし光回線でプロバイダーにも問題がないのに通信速度が遅いという場合はパソコン自体が古く処理速度が遅い場合やウィルスに感染している可能性もあるので確認が必要です。

関連ページ